外壁リフォーム無料相談.com

外壁補修のしどきはツヤで見抜く

外壁は建物の重要な部分のひとつ。ちょっとやそっとでは基本的には壊れないです。車をぶつけたりしたら別ですけど。

しかし、一定期間ごとに必要なメンテナンスはある。それがジョイント部分と表面の膜。

一戸建て住宅であれば膜は塗装。ジョイントは継ぎ目部分のシーリングです。
塗装の寿命の目安は10年。触って白い粉が着いたら重症です。出来るだけ早く補修しないと外壁下地が傷んでしまいます。

 

外壁

補修しどきの目安は難しいのですが、表面のツヤ感ですね。表面のツヤ感がほとんどなくなっていたら補修のしどきです。

初めからつや消しの塗装を使う人も居ますが、私なら絶対にしない。だって弱くなるから。せいぜい7分ツヤまで。半ツヤとか3分ツヤとか渋くて見た目は良いですが、何の為に塗装するのかを忘れてしまっているんじゃなかろうか。

もう一つの補修はジョイント部分。焼き物やセメントの下地材ならパネルのジョイント部分に10mmぐらいの目地がとってあるはず。こごが経年劣化でひび割れたり剥離したりしてきます。見た目じゃなかなかわからない。

小さな隙間でも水は入っていきますから、室内でシミがでたり染み込んだ水は凍ったりすると外壁材料が割れてしまったりということがあります。

つなぎとめている金物のサビにも要注意。直接水に触れないところは意外と水に弱い材料だったりします。雨とかが直接かからなくても湿気が多いと錆びてくることがありますので補修をするうときにはチェックしてまとめて補修しておきましょうね。

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

© 2017 外壁 rss